ヤマト、27年ぶり全面値上げ アマゾンと交渉入り【今週のアウトプットvol.61】

output
先週に引き続き、ヤマト運輸の運賃値上げのニュースが新聞やTV、ワイドショーなどでも報道されました。宅配便の約9割は法人契約で、個数による割引運賃が適用されており、近年のネット通販の急激な伸びと人件費の高騰で限界が近づいているようです。

ヤマト側も時間指定の見直しや宅配ロッカーの整備、労働環境の改善など対策を検討していますが、根本的な解決には至らず、全面値上げは避けられない様子。

きめ細かな日時指定や即日・翌日配送などのサービスは消費者にとっては便利ではありますが、海外と比較すると過剰サービス的な部分もある気がします。また、これらが元凶で運賃が高騰しては元も子もないので、運賃とサービスのバランスで価格帯を選べるようにする(例えば、着日に余裕を持たせれば運賃が安くなる)など、双方がメリットを感じる仕組みにしてもらいたいところです。

※毎朝、「NewsPicks」などで気になった記事と感想を最低一記事twitterでアウトプットしています。3/11(土)で連続424日達成しました。(NewsPicksの個人アカウントはこちら

スポンサーリンク

2017/3/5(日)

ジャパネット 旅行業本格参入へ 年内に登録申請

通信販売などを手がけるジャパネットホールディングス(HD、長崎県佐世保市)の高田旭人(あきと)社長は3日、年内に旅行業へ本格参入する方針を明らかにした。

2017/3/6(月)

「大衆の不満」深刻=貧困対策、340万人移住-中国

2017/3/7(火)

三越伊勢丹HD、大西社長が辞任へ 多角化の成果出ず

三越伊勢丹ホールディングスの大西洋社長(61)が3月31日付で辞任することが5日わかった。消費者の百貨店離れが進むなか、事業の多角化を目指す構造改革で成果を上げることができなかった。

2017/3/8(水)

ヤマト、27年ぶり全面値上げ アマゾンと交渉入り

宅配便最大手のヤマト運輸が9月末までに宅配便の基本運賃を引き上げる方針を固めた。ヤマト運輸の長尾裕社長が日本経済新聞の取材で明らかにした。

2017/3/9(木)

宅配ロッカー設置に国が補助金 配達員負担軽減にヤマト運輸は計画前倒し

配送員の負担軽減と宅配サービスの効率化に向け、政府は駅や商業施設など外出先で荷物を受け取れる「宅配ロッカー」の普及を促す。

2017/3/10(金)

7&iHD、19年度にPB売上高1.5兆円目指す 「生鮮」も開始

セブン&アイ・ホールディングスは9日、グループのプライベートブランド(PB)「セブンプレミアム」について、2019年度に売上高1兆5000億円を目指すと発表した。

2017/3/11(土)

東日本大震災 6年 なお避難12万人

2万1000人以上が犠牲になった東日本大震災は、11日で発生から6年を迎えた。今も約12万3000人が全都道府県に散らばって避難し、被災3県の仮設住宅に約3万4000人が暮らす。

※過去ログ※

ヤマトさえ耐えきれない「EC豊作貧乏」の苦悩【今週のアウトプットvol.60】
ヤマト運輸の労働組合が2018年3月期の取扱個数について、今期の数量を超えない水準におさえる総量規制を要望し、会社側もおおむね受け入れる...

【ランキング参加中】 クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ
にほんブログ村

社会・経済ニュース ブログランキングへ