新年の抱負に見る”デキる男”と”デキない男”の差とは!?

大晦日の日に去年の振り返りと今年の抱負を立てたばかりですが、先日の東洋経済ONLINEで「新年の抱負」の立て方に関する”デキる男”と”デキない男”の差を分析する面白い記事があったので少しだけ紹介します。

スポンサーリンク

”デキる男”に共通する能力とは!?

記事によると、”デキない男”ほど「今年こそは」と心機一転して願いがちとのこと。自分も微妙に該当するので耳が痛い話ですが・・・(笑)逆に、”デキる男”は「去年と同じく継続してやるだけ」や「去年できなかった〜をやります」など、新年の抱負が去年の抱負から連続しているのが共通点。

わかりやすく言うと「がらがらぽん(場当たり的)」VS「ぬか漬け(軸がぶれていない)」の考え方の違いで、前者は男性に多く、後者は女性が得意な考え方のようです。

また、男性にありがちな数値管理より、女性が得意なイメージやストーリーで目標を管理する手法が経営戦略の世界でも注目を浴びているとのこと。

つまり、これからの時代は「女子力」の高さが成功のカギになる!?そういうわけで今年は「女子力」も磨かなければ・・・(笑)
hope2

参考記事

こんにちは。はたらく女性のかていきょうし、タブタカヒロです。この時期そこかしこで交わされる、「あけましておめでとうございます」の挨拶。その後に続くのは、やっぱり「今年はどんな年にしたいですか?」とい…