「ストレス自己診断」でストレスチェック

中学生の頃、多湖輝氏の「頭の体操」をよく読んでいました。多湖氏は残念ながら今年2016年3月に亡くなられたらしいですが、多湖氏の追悼本が出版されていたので久しぶりに読んでみました。

その中で「ストレス自己診断」のコンテンツが興味深かったので紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ストレス自己診断のすすめ

下記の表は日常生活で起こる様々なイベントをストレス度に応じて数値化したもので、数字が大きいほど与えるストレスが高くなります。
stress

「配偶者の死(100)」や「離婚(73)」などが高いストレスなのは分かりますが、「睡眠時間の変化(15)」「食事習慣の変化(15)」など軽微なものもあり、これらがいくつも積み重なると大きなストレスと同等にになり得るので注意が必要のようです。

ちなみに自分で思い当たるものを足したら、合計100を超えてました(TT)先日の入院もこれらストレスの影響も少なからずあったのかもしれません。

一つ一つは小さいので、知らず知らず無意識のうちに積み重なって重症化する可能性もあるから怖いですね。

他にも、「音楽療法」のコンテンツも面白かったのでまた改めて紹介したいと思います。