やると決めて、腹をくくれるかどうかが重要(羽鳥兼市氏)【今週のアウトプットvol.5】

output
今年の目標の一つである「アウトプットを強化する。」を習慣化するために始めた「1日1アウトプット」。ただいま、34日連続アウトプット中!

それぞれ「NewsPicks」の気になった記事(下)に対して感想(上)をアウトプットしています。(一部有料記事はリンク先が見れない場合があるので悪しからずご了承ください)

スポンサーリンク

2016/2/7(日)

「真っ赤なカローラ」作戦で再スタート。3年で借金3億円返す

人を雇うお金も惜しんで、1人で毎月50台以上、年間600台、販売しました。人間というのは、やると決めたらやれてしまうのです。やるかやらないかは覚悟の問題だとつくづく思いました。

なぜ、モスバーガーは愛され続けるのか?

安定した成長を続けるモスフードサービスは、顧客からの圧倒的な支持を元に、2015年3月期も増収を記録した。「日本発」のファストフードであるモスバーガーはなぜ、ここまで愛されるのか。櫻田厚会長兼社長にうかがった。

2016/2/8(月)

【竹中平蔵×佐藤航陽】好奇心。欲望。自助自立

世界を舞台に活躍する慶應義塾大学教授の竹中平蔵氏とメタップスの佐藤航陽社長が、リーダーシップ、教養・哲学、テクノロジー、先見力などの切り口から世界を語る。

2016/2/9(火)

ガリバー創業。目標は5年で500店舗、「車の流通革命」起こせ

まだインターネットがそれほど普及していない1990年代半ばに、人工衛星を使ってネットワークを構築し、中古車の画像やデータを見せて全国の店舗で売る「ドルフィネット」というシステムでした。

2016/2/10(水)

三重県知事が若きリーダーへ助言「何でも自分でできると思うな」

三重県は知事の中でも若手リーダーとして注目を集める鈴木英敬知事が旗を振り、着々と準備が進められている。鈴木知事へのインタビューを2日間にわたって掲載する。後編では、鈴木知事のリーダーシップ論について聞く。

2016/2/11(木)

目の前の人が「できる人」なのかどうかを見極める、超簡単な方法。

どこの組織であっても「できる人」は2つの能力が高い。一つは知識や概念を獲得する能力。いわゆる学習能力。もう一つはすぐに実行に移す能力。いわゆる行動力。この2つの能力を兼ね備えた人が、「できる人」だ。

2016/2/12(金)

「成長する考え方」と「成長できない考え方」の違いが20年の研究で明らかに

「成長する思考態度」を持つと人は自分の知性や能力を伸ばしていくことができる、ということが、スタンフォード大学の教授である心理学者のCarol Dweck博士の行った20年にわたる研究で明らかになっています。

2016/2/13(土)

「決して安くない」のに、なぜ成城石井で買ってしまうのか?

総合スーパーが苦戦している中で、業績好調の企業がある。都市部を中心に展開する成城石井だ。店内には珍しい商品がズラリと並んでいるが、なぜそのような品ぞろえができるのか。

※過去ログ※

今週のアウトプットまとめvol.6(2/14〜2/20)
今週のアウトプットまとめvol.5(2/7〜2/13)
今週のアウトプットまとめvol.4(1/31〜2/6)