南国鹿児島の雪景色

2016/1/23夜から降り出した雪で、翌朝、窓から外を見ると一夜にして一面が真っ白の銀世界になっていました。鹿児島での積雪は5年ぶりでしたが、積雪量は半端なくて市街地でも十数センチは積もっているようでした。

記録的大雪 鹿児島県で氷点下10度(tenki.jp)
鹿児島でも大雪、奄美大島では115年ぶりの雪(TBS)

南国鹿児島では滅多に見れない雪なので、極寒の中、奮起して探索に出かけてきました。まずはベランダからの様子。あまりの気温の低さに錦江湾から湯気のように蒸気があがって巨大な温泉のようになっていました。

snow1

マンション玄関側からの眺め。さすがに車もあまり走ってないようです。廊下の塀にも雪が積もっていたので早速雪だるまを作ってみました。

snow2

玄関から下の立体駐車場を眺めると、スロープ(写真左下)をうまく使ってソリ遊びをしている子供たちが(笑)

snow3

十数センチは余裕で積もっているようです。若干パウダー状になってました。鹿児島でこんなに積もったのを見たのは初めてかも知れません。

snow4

犬の散歩をされている方も。日課とはいえ、犬は直足で寒そう。でも「犬は庭を馳け廻るから」大丈夫なんでしょうね(笑)

snow5

用水路までに出てきましたが、吹雪いてきて桜島の姿を見ることは残念ながら出来ませんでした。

snow6

吹雪の中、じっと耐えている鳥を発見。その強い生命力に感心していると目の前を通り過ぎる人影が!?

snow7

なんと、短パン姿のランナーが颯爽と通り過ぎて行きました!!!この吹雪の中、さすがに目を疑いました(笑)寒中水泳並みのド根性ですね。見習わなければ。

snow8

ヤシの木とその地面に積もった雪のコントラストがとても綺麗に撮れました。

snow9

しばらく歩いていると近所の子供たちが作った雪だるまを発見!よく見ると髪飾りにハイビスカスを付けた「南国風雪だるま」じゃないですか(笑)

snow10

そして一夜明けた1/25朝、用事があって駐車場に行くと昨日以上に雪が降り積もっていて、もはや鹿児島にいることを忘れそうな衝撃的な光景に!

snow11

歩くと雪の中に足がサクサクと入っていく音と感触がしてあたかもどこかの雪国かスキー場にでも来た感覚です。

snow12

そして1/25の桜島。いつもゴツゴツしたイメージの山ですが、冠雪すると何だか風光明媚で穏やかな山に見えるから不思議です。

snow13

こちらはフェリーで渡って垂水港からの桜島。正面からとまた違った雰囲気です。

snow14

鹿児島県民は桜島の降灰には慣れっこですが、積雪には全く非力で交通機関はマヒして、事故も多発するなど大変な二日間でした。

しかし、雪景色の桜島や雪遊びをする子供たちなど南国鹿児島では滅多に味わえない体験が出来たのもよかったのではないでしょうか?とポジティブに考えました。何年かぶりの雪を満喫できた2日間でした。