第35回いぶすき菜の花マラソン2016出走記

スポンサーリンク
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

4年連続4回目の挑戦!「いぶすき菜の花マラソン」

2016年1月10日、4年連続4回目となる「第35回いぶすき菜の花マラソン」に参加してきました。今年も当日の模様を振り返ってみたいと思います。(昨年のブログはこちら

一年ぶりとなったフルマラソンですが、年末からの体重増(昨年大会より+1.7kg)と事前の長距離練習を全くしていないこともあり、不安だらけのマラソンとなりました。

そんな中でも、①まずはフルマラソン完走、②あわよくば、昨年の5時間10分を切る、③エイドのおもてなしを満喫する。という3つを目標に掲げました。

例年ならスポーツクラブの往復バスを利用していますが、今年は3月に鹿児島マラソンがある関係で参加者が集まらなかったということで初めてJRで移動しました。

鹿児島中央駅を朝5:59発の臨時便(鹿児島では珍しく5両編成!)に乗車するために5:30頃到着しましたが、既に40〜50人位は並んでいました。

nanohana01

そして、電車が到着して順番に乗り込みましたがタッチの差で座れず、指宿駅まで約1時間20分立ったままでの移動になりました(泣)

nanohana02

指宿駅に到着後、駅前から出ている臨時のシャトルバス(200円)で会場まで移動しました。

nanohana03

数日前の予報では雨になっていたので本気で沈んでいましたが、晴天まではいきませんが程々の曇り空でそこまで寒くもなく絶好のマラソン日和になりました。

nanohana04

去年まではスポーツクラブが前日に受付も代行してくれていたので、今年初めて受付のために体育館に立ち入りましたが予想以上にすごい人でした!

2Fの観覧席までいっぱいで着替えるスペースがなかなか見つからず、結局、2F観覧席窓側のベランダに出て準備しました。

nanohana05

ベランダから下を覗くと蒸し芋のセイロがずらっと並んでいていい香りと湯気が上がってきて、そのおかげか外に居ながらも暖まりました(笑)

nanohana06

いつもならスポーツクラブのバスに荷物や貴重品を預けて行きますが、今年は荷物預けサービス(500円)を利用しました。

nanohana07

そして8:35頃スタート地点に到着。相変わらずスタートラインが遥か遠くにあります。

nanohana08

そして9:00ちょうどにスタート!これだけの人なので最初は殆ど進まず、スタートラインに到達するまで3分以上かかりました。

nanohana09

スタート地点では鹿児島出身の競泳メダリストの宮下純一さんと元マラソン選手の瀬古俊彦さんも声援を送っていました。

nanohana10

3月に鹿児島マラソンが開催される影響もあり、例年より少ないとはいえ、それでも17,000人が一斉に走るので序盤はずっと先までランナーでいっぱいでした。

nanohana11

スタート直後の渋滞もあり最初の1kmに9分ほどかかってしまいましたが、少しずつペースを上げて5kmを35分、10kmを1時間9分で通過。参加前の不安が嘘のように順調に走れました。

そして、このマラソンのベストビューポイントの一つである池田湖に到着。湖畔に広がる満開の菜の花畑と遠くに見える開聞岳が相まってまさに絶景!何度見ても心が癒されます。

nanohana12

いぶすき菜の花マラソンはエイドの食べ物や沿道の声援などで”おもてなし日本一”としても有名な大会です。

nanohana13

まずはかつお節を鹿児島茶でわった「茶ぶし」。味がしっかりしてるのに、サラッと飲めたのは驚きでした。短時間の栄養補給にも向いてるかも。

nanohana14

次は鹿児島定番のサツマイモの天ぷら。甘くて美味しいのでおやつ感覚でいくらでも食べれます。

nanohana15

そして25.9km地点、名物・浜田鉄工所の私設エイドでは去年に引き続きカツオの腹皮の炭火焼をつまみに芋焼酎のお湯割りをいたただきました。

nanohana16

マラソン最中にいただく芋焼酎の味はまた格別です。この日のために一週間断酒してきたい甲斐がありました(笑)ただ、先を急ぐばかり一気飲みしてしまったので少しフラフラとしてしまいましたが・・・(今思うと、後半失速するキッカケだったかもしれません)

nanohana17

こちらはスナップエンドウと豚汁。シャキシャキの食感がたまらなく美味しかったです。

nanohana18

残りは集合写真で紹介。(左上)蒸しサツマイモ、(右上)焼き芋と蜂蜜レモン、(左下)ミカン、(右下)ひと口トマト。他にもぜんざいや漬物、綿菓子、バナナ、黒砂糖、おにぎりetcありましたが、さすがにお腹いっぱいで諦めました(笑)

nanohana30

また、沿道では老若男女多くの方々の声援をいただき元気をもらいました。中にはいろんなキャラクターや太鼓、歌とバンドの演奏などもあって楽しませてもらいました!まるで走りながらアトラクションや出店を回っている感覚です。

nanohana19

今年も例によってほぼ食レポのようになってしまいましたが(笑)、マラソンの方は13km地点くらいで5時間のペースアドバイザー(遠くからでも分かるように帽子に風船付けてます)に追い着いてしばらく後ろにくっ付いて走りました。

nanohana20

そして、15kmを1時間42分、ハーフ地点を2時間27分、25kmを2時間53分とほぼ「フル5時間ペース」で通過できたので準備不足のわりには中盤までは絶好調でした。

nanohana21

しかし、25kmすぎたくらいから太ももに違和感が出てきて、26kmすぎ(ちょうどカツオの腹皮と芋焼酎を一気飲みした後ぐらい)でとうとう両太ももが攣ってしまいました。最初は気力でペースアドバイザーに付いて行こうと踏ん張りましたが、登り坂が来ると脚力も気力もついていけずあえなく脱落してしましました。

nanohana22

その後は基本的には攣りっぱなしの両太ももの痛みを我慢しながら走ったり、歩いたりしてとにかく立ち止まらないように前に進みました。通過タイムは30km3時間33分、35km4時間16分。山川港に向かう下り坂も絶景を愉しむ余裕もなく歯を食いしばって下りました。もう完全に荒修行の域でした(泣)

nanohana23

山川駅近くの落石防止のトンネル内。関係ないですが、F1のモナコGPを彷彿とさせる光景です。

nanohana24

そして35km付近から続く通称「心臓破りの地獄の坂」はさすがに周りも殆ど歩いているのでホッとします。ここを一度も止まらずに登りきった一昨年の自分はいったい何者だったんでしょうか?(笑)

nanohana25

坂を登りきった後も両太ももは相変わらずガチガチに攣ったままでしたが、時々痛みが少し和らぐこともあったのでその隙に走って、固まったらまた歩くの繰り返し。そして、40kmを5時間ちょうどで通過。最後の1kmはランナーズハイで遅いながらも一度も止まらずに走りきってゴールしました。

nanohana26

完走タイムは5時間15分56秒。去年より5分、一昨年より19分遅くなってしまいましたが、体重増や練習不足のわりには完走できたし、エイドも十分満喫することができました。最初立てた3つの目標のうち2つもクリアできたので自分的には満足できる大会でした。何より、フルマラソン7回連続完走は大きな自信につながりました。

nanohana27

ラップタイムをみても中盤までは平均キロ7分ペースで刻んでいますが、26kmすぎに両太ももが攣ったあと大きく減速したのが一目瞭然。呼吸器系とエネルギー系はまだまだ元気なのに肝心の足が痛くて走れないのはいつものことながら本当に悔しいです。

nanohana32

ただ、一つ収穫だったのは、いつも真っ先に攣る「ふくらはぎ」が今回は両足とも最後まで無事だったのには驚きました。もしかしたら、ここ2ヶ月間毎朝ふくらはぎのストレッチを地道に続けていたのが良かったのかもしれません。

ゴール後、食券を使ってうどん、ぜんざい、おにぎり、蒸し芋をGETしましたが、さすがにエイドで食べ過ぎてお腹いっぱいになったのでおにぎりと芋は持って帰りました。

nanohana28

今回は体重増と事前の中長距離の走り込み不足(あとエイドを満喫しすぎた)が遅くなった原因なのは間違いないので、2ヶ月弱後の3月6日鹿児島マラソンに照準を合わせて絞り込み&走り込みを計画的に行ってベストタイム更新を目指したいと思います。

過去の出走記はこちら

第34回いぶすき菜の花マラソン2015出走記
2015年1月11日開催された「第34回いぶすき菜の花マラソン」に参加してきました。当日の様子を振り返ってみたいと思います。 「いぶす...
第36回いぶすき菜の花マラソン2017出走記
2013年から5年連続5回目の参加となった「第36回いぶすき菜の花マラソン」ですが、当日の様子を振り返ってみたいと思います。 退院2ヶ月足...