大正大噴火から101年、シラス台地と桜島の生い立ちと大噴火への備え

桜島の大正大噴火(1914年1月12日)から今年で101年。不気味なことに今年に入ってから火山活動が活発化していて、1月23日には噴煙が4,000mに達する爆発的噴火もあり、警戒が続いています。

桜島は鹿児島に暮らす自分たちにとって脅威であるとともに、衣食住・観光・特産などの面で様々な恩恵を受けています。また、何より鹿児島のシンボルとしての桜島の存在は非常に大きいのではないでしょうか。

先日、地元紙・南日本新聞(2015年1月18日記事)で桜島についての解説があったので紹介したいと思います。

記事によると、約3万年前の巨大噴火で出来た姶良カルデラに海水が流れ込んでできたのが鹿児島湾(錦江湾)で、それから3千年後(今から約2.7万年前)に桜島の火山活動が始まったとのこと。

ちなみに姶良カルデラの噴火で出た火山灰や軽石は400立方キロメートル以上!これは富士山1個分がわずか一週間で降り積もって鹿児島のシラス台地を作ったというから、想像を絶する大噴火だったと言えます。

また、桜島と大隅半島が陸続きになった1914年1月12日の大正大噴火では噴煙が高さ1万8千メートルまで達したと言われていますが、当時の写真を見ると山頂ではなく、中腹から噴火していたらしいので驚きです。最近、垂水側から桜島を見ると火口周辺が崩落して噴煙が以前よりだいぶ低い位置から見えるのも気になります。


▲大正大噴火当時の写真。桜島の中腹から噴煙が上がっているのが分かります。

専門家の調査でも地下には大正大噴火時の90%に近いレベルでマグマがたまってきており、大正大噴火級の大噴火はいつ起こってもおかしくない時期に入っているようです。

いずれにしても、鹿児島に住んでいる限り、桜島大噴火の脅威から逃れることは出来ないので、日頃から避難経路の確認や備蓄品のストック、情報源確保など防災意識を高めて準備しておくことが重要のようです。

【参考サイトNHKニュースおはよう日本「もし桜島が大噴火したら」】

全国に影響の予測も もし桜島が大噴火したら…|特集まるごと|NHKニュース おはよう日本