『コンサル1年目が学ぶこと』コンサル流”ワンランク上の仕事力”が学べる一冊・大石哲之著【書評】

タイトルから推測すると、コンサルタントになるための”ハウツー本”のようだが、本書は各界で活躍する元コンサルタントが、コンサル新人時代に学んだ「普遍的な仕事力」が身につく数々のスキルをまとめた一冊。これらのスキルは業種関係なく、社会人1年目からベテランまで幅広く役に立つものだ。

そしてこれらのスキルは「話す技術」「思考術」「デスクワーク術」「ビジネスマインド」の4つに大別されている。

スポンサーリンク

1.コンサル流「話す技術」

コミュニケーションの鉄則は「結論から話す」こと。これにより、短い時間で相手に必要な事を伝えることができる。この時、PREP法(Point結論→Reason理由→Example具体例→Point結論の繰り返し)を意識して話すとよい。(PREPについては以前のブログを参照)

また、言葉に詰まる質問を受けた時も取り繕わずに黙って考えて、頭の中を整理して結論から話すように心がける。

他にも「Talk Straight(端的に話す)」、「数字と論理(ロジック)で語る」、「相手の期待値を推し量る」などの相手を納得させるコンサル流話し方が紹介されている。

2.コンサル流「思考術」

まずは、「考え方を考える」。具体的には、作業を始める前に手順を考えて合意を得た上で取り掛かると無駄が少ない。

また、問題解決の手法としては、「ロジックツリー」が効果的。ロジックツリーを使って論点を整理・分解した上で最終的にアクションに落とし込むと良い。

さらにロジカルシンキングの基本となるのが「雲雨傘の論理」で、事実(雲が出ている)・解釈(雨が降りそうだ)・アクション(傘を持っていく)を区別してセットで提案するのがポイント。

そして、「仮説思考」により、仮説→検証→フィードバックを高速で回すことで、意思決定のスピードを圧倒的に速めることができる。

3.コンサル流「デスクワーク術」

まず、文書作成の基本は「議事録書き」。決まったことを紙に証拠として残すのが議事録の目的で、アジェンダ・決まったこと・決まらなかったことなどを構造化して簡潔かつ明確にまとめるのがポイント

他にも最強のパワポ資料作成術やコンサル流の読書術、プロジェクト管理術などが紹介されている。

4.プロフェッショナル・ビジネスマインド

「時間はお金」と認識し、プロフェッショナルとして常に最大限の努力をすることが大事。また、「Quick and Dirty」や「3日の100点より、3時間の60点」という言葉で表されるように、仮設検証のサイクルを高速で回した方が良い結果につながる場合が多い。

そして、重要なのが「コミットメント力」。どんな状況でも、言い訳はせず、自分が約束したことは何があってもやり遂げることが自身の信頼を高める

社会人は職種や経験関係なく、プロフェッショナルである

著者は「社会人は消費者ではなく、生産者」と定義した上で、一人一人がその仕事のプロフェッショナルとして会社に貢献し、その先にある消費者や取引先を満足させることが仕事のゴールだと述べている。

以上、だいぶ端折りましたが、他にも非常に参考になるスキルが厳選して紹介されているので、仕事力を磨きたい方は読んでみてはいかがでしょうか。

大石 哲之 ディスカヴァー・トゥエンティワン 2014-07-30
売り上げランキング : 10272

by ヨメレバ