メタボの方必見!?Googleトレンドに見る最近のダイエット事情

最近、仕事のネット広告活用の一環で、「Googleトレンド」を使って話題のキーワードを調べるのが習慣になっています。

Google トレンド

スポンサーリンク

世の中の「今」を知る最強ツール「Googleトレンド」

Googleトレンドは世の中の今話題になっている物事を知るツールとして大変便利で、最新トレンドの他にも、話題になっている人物、CM、アニメ、ゲームetcジャンル毎のランキングや特定キーワードの話題量を時系列に知ることが出来たりします。もちろん無料で誰でも使えます。

▲トップ画面。最新のトレンドやジャンル別のランキング、話題になっている地域まで調べられます。

▲「マラソン」というキーワードの時系列人気動向。MAX時を100と見たときの各月の人気度を知ることができます。「マラソン」の例だと2012年2月の東京マラソン直後がこの期間で最も話題を集めたことが分かります。

Googleトレンドに見る最近のダイエット事情

その中で個人的にどうしても目が行くのが「ダイエット」がらみ(笑)そういうわけで、直近のダイエットランキングとその中身を調べてみました。

▲14/11/8付ランキング

第1位の「食べ順 ダイエット」とは?

読んで字のごとく、食事の際の食べる順番を変えるだけのダイエット法。「体に入る物や量は同じなのに、順番を変えるだけで本当に痩せれるのか?」と素朴に思いますが、調べてみると意外と根拠もあって効果的なようです。

まず、太る食事の大きな要因は「血糖値の急激な上昇」。逆に言えば、食事の中で、いかに穏やかに血糖値を上げていくかがポイント。そのために、食事のはじめに野菜や果物などの食物繊維を摂取すれば、あとから食べるおかずの脂質と糖の吸収を抑えることができるようです。また、炭水化物は脂の分解を後回しにしてしまうため、できれば最後にした方が良いようです。

<理想的な食べ順>

1番目・・味噌汁やスープなど汁物
2番目・・食物繊維が豊富な野菜類
3番目・・大豆、肉、魚などのたんぱく質
4番目・・ご飯などの炭水化物

<参考サイトと書籍>

効果に差が出る「食べる順番ダイエット」7つのポイント

食べる順番とともに、食べる内容も高N/Cレート食材である「マゴワヤサシイ食品」を心がければダイエット効果がさらに上がること間違い無しではないでしょうか。詳しくは、『運動指導者が断言! ダイエットは運動1割、食事9割』の書評を参照ください。

第2〜5位のダイエットは?

ランクインした中のほとんどがTV番組で取り上げられたダイエット法でした。ネット等に押されてTVメディアが衰退しているとは言え、まだまだTVの影響力は大きいと実感しました。

第2位「オチョ ダイエット」
アルゼンチンタンゴダンサー講師の経験もある俳優・進藤学さんが考案。腰で8の字を描いて、最後にスペイン語で8を意味する「オチョ!」と叫ぶダイエット法。たった5分でウエスト2cm減った人もいるとか!?進藤さんの声が渋いw

5分でウエスト2cm減!「オチョダイエット」で即効・夏痩せボディ | 女子SPA!


第3位「ワインオープナー ダイエット」
バレエダンサーの竹田純さんが考案。ワインオープナーで開栓する時のような動きをするエクササイズ。説明しづらいので詳しくは下記の動画を参考にしてください。ウエスト部分の脂肪燃焼に効果があるようです。

第4位「胆汁酸 ダイエット」
脂肪を燃やしてエネルギーにする働きのある褐色脂肪細胞を活性化する働きのある胆汁酸を摂取するダイエット法。具体的には「杜仲茶」を飲むと良いらしく、茶葉6gを煮出した杜仲茶を飲めば1時間ウォーキングをしているのと同じくらいの脂肪燃焼の効果が得られるようです。

ズボラ女子でも痩せる!胆汁酸ダイエットで冬太り撃退 | 女子SPA!

第5位「インアウト ダイエット」
お腹をイン(引っ込める)、アウト(突き出す)を繰り返すだけの簡単ダイエット法。お腹の腹直筋を鍛えることでお腹の部分痩せに効果的とのこと。

6位以下はざっとこんな感じ

第6位「8時間ダイエット」
9〜17時または11〜19時の8時間以外は一切食べないダイエット法。

第7位「サバ缶ダイエット」
サバなどの青魚に含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)が血液中の中性脂肪を減らすので、運動と組み合わせると体脂肪減少を促進する効果が(参考記事)ちなみにこのダイエット、図らずもここ一ヶ月ぐらい昼食で実践していました(笑)少しは痩せたので効果あるのかも!?また改めてレポートします。

第8位「ヒルズダイエット リゾット」
グルメリゾットを使った置き換えダイエット。

第9位「イケメンダイエット アプリ」
イケメンに罵られて痩せれるアプリ・・・余談ですが、国が「ダイエット基金」とか作って、太ったら没収、痩せたら支給とかしたら医療費削減にもなって良いかも(笑)

ダイエットは習慣の賜物!

知れば知るほど、いろいろ出てきて奥の深い「ダイエット法」。かなりメディアに煽られている感はありますが・・・(笑)

ダイエットも結局は「いかに習慣化できるかどうか?」がポイントなので、無理せず長続きできる自分にあったダイエット法に巡り合える確率を上げる意味でも、興味のもった方法をいろいろ試してみるのも良いかもしれません。

そういう私も「レコーディングで6ヶ月-23kg減」など様々なダイエットを試してきたので、その辺りの話も機会があったら紹介したいと思います。